明太子とたらこ。何が違う?

明太子とたらこ。何が違う?

さて、明太子とたらこ。一体何が違うのか?
その違いを調べる為、まずはルーツを遡って考えてみましょう。
もともと韓国で保存食として親しまれていた『スケソウダラ(明太)の卵の塩唐辛子漬け』を、日本用にアレンジして開発されたのが現在の『辛子明太子』です。
明太の卵(子)の塩唐辛子付け=『辛子明太子』なので、明太子とはスケソウダラの卵(味付けしていない状態)の事を指すことになります。
また、それは別の呼び方では「たらこ」とも言われています。
つまり国によって呼び方が違っていただけで、正確には明太子=たらこというのが正しいでしょう。
ですが、たらこと明太子が同じものして認識されない地域もあります。
一番最初に『現在の辛子明太子』を開発したふくやの創業者・川原俊夫氏は、出来上がった商品を『明太子』と名付けて販売したそうです。
この名がそのまま広がっていった地域もあるので、『明太子=辛子明太子』であって『たらこと明太子は別物』だと思われている方もいるようです。